時間と空間の量子力学

―宇宙は時間密度と空間密度でプログラミングされているー

空間とは何か?
時間とは何か?
宇宙という漢字は「空間」と「時間」という意味で構成されています。
古代中国で作られた宇宙という文字は、
「宇」が空間の意味で、「宙」が時間の意味です。
古代中国の誰が、
いつ、どのような思考実験を行って
『宇宙は空間と時間から成り立っている』と気づき、
こんな意味深い言葉を作ったのでしょうか?

空間と時間を考えることは、無限について考えることです。

宇宙空間は光速を越えるスピードで拡大しているといわれています。
空間は拡散する無限です。

時間はゼロという一点に、
高濃度に凝縮する無限です。
時間は
エネルギー密度が高くなると
『時間が遅れる』というもう一つの無限の本質を持っています。

時間と空間、この対極の無限大は
量子エネルギー密度の拡散と濃縮として考えることができます。

光速になると空間が狭まり、時間が遅れます。
物質は光速に近づくと質量(重力エネルギー)が増します。

重力はエネルギーに作用し、
光子は、
時間密度と
空間密度と
重力を
エネルギー密度で繋いでいます。

凝集する無限と拡散する無限について、
時間と空間と重力と光子の相互作用をエネルギー密度で考察するのが、
時間エネルギーと空間エネルギーの量子理論です。