technology

振動と波長のPROGRAMMING

振動と波長のプログラミングとは、自然界の情報とエネルギーに関する2つの原理である振動と波長で情報をプログラミングし、物質が特定の『エネルギーと情報の“場”』をもつようにしたリュミエリーナ独自の最先端技術です。

リュミエリーナが独自に開発したプログラミング技術により、自然界の3大原理である、『エネルギー』・『情報』・『システム』の関係性を論理的に考察することができるようになり、全ての物質や現象に対して新しい視点からアプローチする方法が見つかりつつあります。

リュミエリーナは、この理論と技術を幅広い産業に応用する研究を進めています。

  1. 生命現象の発現を左右している量子レベルの物理的な原理の研究。
  2. 自然法則のシステム系へ情報をプログラミングすることによってアプローチし、物質や自然現象に内在しているエネルギーを最大限効率的に利用する技術開発の研究。
  3. 物質の性質を規定している原子や分子構造の量子空間を高エネルギーの振動と波長を用いてプログラミングすることによって、物質に内在している未知の機能性を取り出す技術の開発。
    セラミックスや金属や液体に内在している未知の機能性を開発する技術研究。
  4. 植物の成長力や味や香りに不可分とされてきた季節変動を、温度や湿度や気圧以外の量子的な分野の情報として解析し、ハウス栽培でも旬の野菜や果物を栽培する農業技術の開発。可視光線のプログラミングによる栽培技術の研究。
  5. 固形セラミックス電池のプログラミング原理の研究。
  6. レザー光線プログラミング・可視光線プログラミング・マイクロ波プログラミング

レプロナイザー 3D Plus
実証実験ドキュメント 動画を見る

ドキュメントムービーの各言語版を下記よりご覧いただけます。

日本語 / English / 中文简体 / 中文繁体 / Korean